人気ブログランキング |

r32の趣味のお部屋

r32tworld.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 12日

ミニ四駆_その3

突然再開したミニ四駆。
以前に2台紹介しましたが、再開した理由には訳がありました。



実はタミヤでミニ四駆が発売開始をされてから今年で30周年。

30周年イベントの一環として、夏の全国大会『ジャパンカップ』が十数年ぶりに実施されたのでした。

年齢制限も無くなった『ジャパンカップ』。これのお誘いを受けたのが再開のきっかけです。

全国キャラバンで大会を行っていますが、参加したのは9/9の東京(品川シーサイド)地区大会。

なんとまさかの1500人オーバー。。

d0181924_22183334.jpg

朝の受付待ちはこのような長蛇の列を成していました。


d0181924_22255013.jpg

ちなみに
ミニ四駆ジャパンカップ2012コースは一見シンプルです。が・・・(詳細は後ほど)。

受付も無事終わり、本日参加者のマシンを並べて記念撮影。
d0181924_22222149.jpg

オーナー其々のこだわりが感じられて良いですね。
ちなみにマシンセッティングなども出来るようにレジャーシート持参で行ったのは正解でした。無いと長時間いれません。。

走行結果ですが、予選2回ともコースアウトでした。。
コースアウトしたのはコース最後にある巨大な『ナイアガラスロープ』。
ここを全力で上ると・・
d0181924_22271913.jpg

このように盛大にジャンプし、着地に失敗してしまったのです。。
どうやら着地後のバウンドが収まらないのが原因。
それでも『電池落とし』は絶大で、明らかに滞空時間が少なかったので良い比較になりました。

肉厚スポンジタイヤもショックを吸収していましたね。

そこで、今後の対策?として気がついたことをメモ。

① スーパー1・VS共にフラットコースなら問題なし(スピード及びコーナー)
② スロープのUP・DOWN共にVSではアトミックでないと現状、制御不可
③ スーパー1はスロープでの『滞空時間』少ない。電池落とし+肉厚スポンジタイヤの効果か?
④ 両者共にスロープ着地後のバウンドでコースアウトする。肉厚スポンジ+マスダンパーか?

・・・奥が相当深いミニ四駆。。難しいですね。
最後に参加された皆様、お疲れ様でした。

by r32-trainworld | 2012-09-12 22:32 | ミニ四駆


<< 安中貨物      半田付け~キハ72_Part3 >>