r32の趣味のお部屋

r32tworld.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

【Nゲージ】街コレで遊んでみる。

トミーテックの街並コレクション、通称「街コレ」。
豊富なラインナップはレイアウト遊びには欠かせない存在ですね。

今年の夏に出た「牧場」を使い、ちょこっと遊んでみました。

用意したのは以下のような感じ。全部トミー製品ですね。
d0181924_17173274.jpg
d0181924_17174337.jpg


これを下のように配置し、牧草地の壁紙を背景において眺めて見ました。
d0181924_17185633.jpg


・・・目線を下げて眺めると、置いただけなのにいい感じです。
d0181924_17201220.jpg

もうちょっと、デッキガーター橋が欲しいかな。

車両を変えて・・。
d0181924_17215722.jpg


お手軽に北海道風レイアウトに変身させることが出来ました!
これはモジュールを作りたくなってきますね。並べるだけでも楽しいんですから♪
[PR]

by r32-trainworld | 2012-09-30 17:23 | Nゲージあれこれ
2012年 09月 22日

ミニ四駆_その4

前回のミニ四駆記事では大会での
マシンがジャンプ後に跳ねる問題を書きました。

そこで対策を施してみました。
d0181924_1671942.jpg


More
[PR]

by r32-trainworld | 2012-09-22 16:26 | ミニ四駆
2012年 09月 17日

安中貨物

宮下~安中で行われている鉱石輸送。
通称「安中貨物」。
精錬所が8月中はストップしていたので輸送も行われていなかったが、
9月になり再開された。
コンテナ貨物が殆どを占めるなか、車扱輸送が毎日(ただし荷主の意向で運休もあり)
見れるのでじわじわ注目を集めている。
運休期間前後で見た安中貨物を載せてみた。

More
[PR]

by r32-trainworld | 2012-09-17 11:24 | 安中貨物
2012年 09月 12日

ミニ四駆_その3

突然再開したミニ四駆。
以前に2台紹介しましたが、再開した理由には訳がありました。

More
[PR]

by r32-trainworld | 2012-09-12 22:32 | ミニ四駆
2012年 09月 12日

半田付け~キハ72_Part3

以前の報告で中間1両を自力で組んだキハ72系。
先週末に残りの中間1両を同じ具合でくみ上げました(よって、製作途中の写真は無し)。

ただ今までと違って3号車はビッフェがある分、窓の開口部が大きかったので
ゆがみが少し生じてしまい、妻板のあわせが難儀でした。。仮組みは重要ですね。

4両が箱になったので、とりあえず仮の床下をつけて走らせてみました。

A様とO様を誘って、町田のアトリエminamoさんへ。

編成にしたところ、先頭車のスカート付近がクリアランスが少なく干渉して走れず。。
仮組みでは床板固定がいい加減でいけませんね。。
d0181924_2221598.jpg

でも、存在感のある列車はインパクト大でした!モチベーションも上がります。

アトリエminamoさんは山あり海あり、ターンテーブルあり、路面電車あり・・・で楽しいです。
個人的にはターンテーブルにはまりました。
d0181924_2231891.jpg


最後にA様とO様、突然にも関わらず有難うございました。
[PR]

by r32-trainworld | 2012-09-12 22:04 | Nゲージ製作記
2012年 09月 04日

半田付け~キハ72_Part2

前に半田付けのことを書きました。
キハ72の先頭車を組み立てたことも書きましたが、今回は中間車を1両組み立てたので続編として書いてみます。

More
[PR]

by r32-trainworld | 2012-09-04 23:53 | Nゲージ製作記
2012年 09月 03日

ミニ四駆_その2

以前、ミニ四駆について書きましたが、
もう1台をレストアしたので写真を載せてみたいと思います。

More
[PR]

by r32-trainworld | 2012-09-03 21:08 | ミニ四駆
2012年 09月 02日

【Nゲージ】金属キットの半田付け

Nゲージのプラや紙を使った工作はこれまでもちょこちょことやってきておりましたが、
Nゲージの金属キットにおいてはまだ作ったことがありませんでした。

それは半田付けのやり方や要領がまったく分からなかったからです。

しかし、半田付けの経験が豊かな友人のO様にご教示を頂くことが出来ました。
そこで、自分へのメモも兼ねて、教えていただいたことと、見ていて気がついたことなどをここに
まとめてみようと思います。

題材はペアーハンズ製のキハ72「ゆふいんの森」。今回は先頭車でレクチャー頂きました。

半田付けを教えてもらったことのメモ

①部品を折るにはヤットコで直角を出すのがいい。
②半田するには厚めの難燃の板などの熱に強いものを下敷きにする
③今回はNのボディ組をしたが、Nだと60Wのコテでいい。
④コテ先は常に綺麗に。濡らしたスポンジでよく拭きながら。燃えやすい物は置かない。
⑤部品の位置決めは慎重に。決めたらクリップやセロテープで止める。ただし、テープは熱でデロデロになりやすい。
⑥半田を流すところに、串などで、フラックスを多めに塗布
⑦フラックスを流したところにヤニ無し半田(今回はステンレス用を使用)を流す。コテは十分に熱して、一気に押し当てる
⑧コテを押し当てて半田を流したら、固まるまで鉄筆などで押し当てておく。始めは点付けして固定。その後は全体に流す。
⑨瞬着を流すときのように毛細管現象で各部に半田を流す
⑩半田は多少はみ出てもかまわないが、半田の流し不良で部品が浮くとみっともない
⑪流し終わったらキサゲとキサゲ刷毛で表面の余分な半田を削り倒す。そのときに接合部の筋が出ていたら、表から半田を流す(プラモで接着剤やパテで仕上げる感じ)。
⑫今回の前頭部はロストワックスだったが、真鍮版に比べ半田が付きづらいのでちまちまやっても付かない。思い切りは大切
⑬真鍮板の板厚が薄いと、コテを当てすぎた場合にベコベコになりやすい。
⑭終わったら、ボディを水で洗う。これはフラックスが残留しているとさびるため。同様に使った工具も洗っておかないとフラックスでさびる。フラックスの保管にも注意。フタが半開きだと周りのものが全てさびる。

製作中の写真と完成後の写真も載せて見ます。

先頭車の妻板接合中
d0181924_23223078.jpg


キサゲで客ドア仕上げ中
d0181924_23231748.jpg


先頭車の前頭部仕上げ中
d0181924_2324217.jpg


完成
d0181924_23243834.jpg


O様のおけげで、半田付けの組み立ての流れを理解することが出来ました。詳細にご教示頂き、本当に有難うございました!!

残り中間車2両も何とか形にしていきたいです。マイクロのゆふDXと並べるのを夢見て!

■その他

前の日記で書いたトミックスのキハ40日高線。
あの後に無事入手出来ました。とても綺麗です。
とりあえず日高ポニー号と連結して遊んでいます(本当にあった組み合わせかは??)。
d0181924_2333694.jpg

[PR]

by r32-trainworld | 2012-09-02 23:33 | Nゲージ製作記