r32の趣味のお部屋

r32tworld.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 19日

【きいろい】ゆふDX導入してみた【183】

みなさんこんばんわ~。

今週の水曜日に1月延期していたマイクロエースの九州キハ183が発売されましたねぇ。

かなり楽しみにしていたので早速導入してみました。

レポートやインプレのようなちゃんとした(?)ものではなく、ただただ感想レポです、役に立たなくてごめんなさい・・。

d0181924_2359155.jpg


製品は以前販売された『オランダ村特急』、『ゆふいんの森1世』、『ゆふDX(赤いほう)』のカラーバリエーションです。といっても、色が変わるだけでずいぶんイメージが変化します。

こんかいは現行色の『ゆふDX』と『シーボルト』が販売されました。どちらも欲しかったですが、黄色い車体に緑のレタリング、更に後年追加されたフォグランプが気になったので現行『ゆふDX』のほうを購入しました。

・・・いやー、素晴らしいです。レタリング・塗装がバッチリな上に的確なプロポーション。ちょっと無理して買いましたが、購入して本当に良かったと思いました。これは九州フリークのみならずキハ183フリークにもおすすめ、南国九州にも183の楽園があったんだなと再認識したこの頃です。

d0181924_082044.jpg


オランダ村特急はNN183のノックダウン生産車両なので、気になっていた中間車の比較を行ってみました。
結果は想像以上に違和感無いです、これは手持ちのキハ182-550を黄色く塗りたくなってしまいます(笑)

d0181924_0105561.jpg


というわけで、北と南のコラボレーション。キサロハと展望先頭車の組合せはカッコイイと個人的に思いました?!

d0181924_0124135.jpg


さらにむりやりキハ183-0とのコラボ。電源車増強で重そうです。余談ですが、最新キハ183シリーズで184が復活してから、ちょくちょく旧製品184を見ることが出来るようになってきました。184というだけで、ついつい手にとってしまいます(末期症状ですね・・・)。。そのうち塗りかえなど行ってみたいところです。。

d0181924_0163742.jpg


ちょこっと感想を書いてみましたが、これから走行させるのが楽しみです。でもその前に室内灯なども入れてみたいなと思います。
[PR]

by r32-trainworld | 2010-11-19 00:20 | Nゲージあれこれ
2010年 11月 14日

キハ110のおはなし。

みなさま、大変お久しぶりです。
約3ヶ月ぶりとなってしまいました。。
本来でしたら、もっと更新するべきでしたがすっかり空いてしまい本当に申し訳ないです・・。
というのも、個人的に色々とあったもので。。ですが趣味はちまちま続けていますので、また更新して行こうと思います。なので今後とも宜しくです。

今回は趣向をちょこっと変えて(?)キハ110系のお話。
といっても、気動車のNゲージには変わりないですね。。。

キハ110系はJR東日本の一般汎用気動車で、関東・東北地区の非電化区間ではキハ40系などと並んでおなじみの車両ですね。普段利用していて、親近感をもたれている方も多いと思います。

d0181924_2146598.jpg


一見すると全て同じように見えますが、両運転台・方運転台車両や大型の連続窓とズラッと並んだクロスシートが特徴の急行タイプ、セミクロスシートがおなじみの一般タイプ、そして客ドアがプラグドアから引き戸になったタイプなどなど・・・バリエーションが多岐にわたっているのが特徴かもしれません。(顔が同じですが、16m級のキハ100系もおりますね・・。)
一時期、特急『秋田リレー号』としても使用されていたのも一つの特徴ですかね。JR東日本で定期運行された特急気動車としては現状コレが唯一となっております。

d0181924_21475871.jpg


Nゲージの世界ではグリーンマックス・KATOからリリースされていて、ともにプラグドア・セミクロスシートの車両がプロトタイプです。
しかしグリーンマックスでは両運転台の車両のみですが、一般色のほかに磐越線色や秋田リレー色など、タイプですがカラーバリエーションを充実させているのに対して、KATOでは一般色のみですが、両運転台・片運転台それぞれをリリースしています。
現状、生産頻度の関係で入手しやすいのはKATO製の車両かもしれません。

当鉄道でも1両単位での運用のしやすさや、好みのデザインというのもあって、両運・片運其々所有しています。

しかし、セミクロスシート車のみならず、クロスシートの急行タイプも欲しい・・・ということで両運車1両を急行タイプにしてみました。

プロトタイプは新製直後の前面が黒かった頃。現状とは違いカミンズエンジン+VOITHの変速機を搭載していたり、トイレ部分にもダミーガラスが施されていたり、エンジンカバーが付いていたり・・・。現在は他の一般型に合わせて、前面を黒→白にしてエンジンと変速機も乗せ換え、ダミーガラスとエンジンカバーの撤去などを実施されて現在に至ります。

しかし、急行タイプの特徴の1つでもあるパイプ状のスカートは今でもそのままです。

模型では側窓の大型化と前面を白→黒にし、スカートをパイプ状のものにしています。床下機器などはそのままなのでタイプですが、違和感は無いかなと思います。

客窓が横長なので、ボディの客窓の拡大と窓ガラスの新製が加工のメイン。窓のはめ込み精度がなかなかでず、苦労しました・・。

d0181924_2148335.jpg


上:急行タイプ、下:一般タイプ となっています。窓割や寸法は厳密ではないので、あくまで雰囲気を出すための加工をした車両とノーマル車の比較という事で・・。

d0181924_2150506.jpg


一応、定規を置いてみました・・。

d0181924_215235.jpg


色々つなげてみた図。パイプスカートは、一般型のスカートの上に0.4mm真鍮線をカットして貼り付けました。意外と違和感無くてよかったです。

d0181924_21534836.jpg


d0181924_21543398.jpg


編成が4両以上になると往年の急行の雰囲気が出ますね。
急行タイプをもう2両ほど作って正調(?)急行編成にしてみたいですが、大型窓の量産のめどが立たずとりあえずこのまま楽しもうかなというところです。

機会があったら、キハ100系も作ってみたいところです。
[PR]

by r32-trainworld | 2010-11-14 21:58 | 所有車両(Nゲージ)