r32の趣味のお部屋

r32tworld.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 04日

【201408】日本オイルターミナル郡山営業所専用線。

お盆休みを利用して日本オイルターミナル(以下OT)郡山営業所専用線を見てきたキロク。
d0181924_21432886.jpg




OT郡山営業所専用線は郡山駅から磐越東線の舞木駅よりに沿って数キロ先にある油槽所を結ぶ線です。

去年までは仙台総のDE10が運用を受け持っていましたが、今年からはHD300に変わっています。

因みにDE10時代の運用は下記のようになります。
専用線は郡山駅構内扱いなので、入換ダイヤに入っております。

<郡山駅入換時刻>
郡山(油槽所)郡山 
0725 →0805
0835 → 1015
1045 → 1205

1日に最大3往復あるみたいです。
現在もこのダイヤなのかどうか確認するのも含めて行ってみました。

1回目訪問は2014/8/13。お盆期間でしたが、運転されておりました。

7:20頃に郡山駅に訪れると、すでに油槽所に向けての発車準備が整っておりました。

その傍らで、郡山までタンク車を1071レとして牽引してきたEH500が機廻し中です。
d0181924_21435359.jpg

同機は1070レで黒磯に戻ります。

7:25にHD300は推進運転にて油槽所へ向かっていきました。
d0181924_21441066.jpg

どうやらダイヤは2013年のままみたいですね。

7:40頃に単機で戻ってきました。
d0181924_21443128.jpg

d0181924_21451477.jpg




次に2本目を狙うべく、油槽所が見える道路橋に向かいました(mapcode:61 857 867)。
この橋からは磐越東線の車両もきれいに撮影できます。
d0181924_2146953.jpg




油槽所には3本の引き込み線が引かれています。磐越東線寄りから①番線~③番線とすると、2本目の入換ダイヤは下記のようでした。
(入換はその日の輸送量によって変化するものと思われますので参考程度に。。)

<2本目入換ダイヤ>
①~③にタキが引き込まれている状態。

郡山より推進運転で空タキを②に押し込む。

②の荷役したタキと連結。

この状態で②→③に転線。

③の荷役したタキを連結して荷役済みタキを切り離す。

再度③→②に転線して空タキの一部を切り離す。

この状態で②→③に転線して荷役タキと連結。

この状態で③→①に転線して荷役タキと連結。荷役タキを切り離す。

③→①に転線して残りの空タキを切り離す。

機関車のみが①→③に転線して荷役タキと連結。時間になったら郡山へ戻る。

上記の動きを30分くらいで行います。。
ですので、橋の下の線路沿いから眺めると、機関車が行ったり来たりする光景がずっとみれますw

写真で見てみますと。。

まずは荷役中の姿。8:50頃に荷役を終えました。
d0181924_21463562.jpg




そして、9:00頃に推進運転で空タキ編成がやってきて、入換開始です。

機関車が油槽所に姿を現すのは空タキのみを③→①に持って行くときなので、入換終盤ですね。
d0181924_214738.jpg




そして機関車が③→①に転線して、荷役タキを連結。
d0181924_21473011.jpg




9:30頃に郡山へ戻っていきました。
d0181924_21475411.jpg





最後に3本目。この列車は2014/8/15に撮影。お盆真っ只中でも動いてました。

この列車は前回とは異なり、橋の下にある踏切付近から撮影(mapcode:61 857 833)。
磐越東線寄りから①番線~③番線とすると、3本目の入換ダイヤは下記のようになります。

<3本目入換ダイヤ>
②,③にタキが引き込まれている状態。

単機で油槽所に到着。

③のタキと連結。

③→②に転線して連結。時間になったら郡山へ戻る。

写真で見てみますと。。下にいる方が機関車をじっくり撮れますw

13:15頃、単機で油槽所へ。
d0181924_21481592.jpg




しばし入換。。
d0181924_21483265.jpg

d0181924_21484273.jpg
d0181924_21485125.jpg
d0181924_2149480.jpg




そして13:25頃に発車、郡山へ戻ります。
d0181924_21494265.jpg


お盆期間中でも動いていたので、観察できてよかったです。
[PR]

by r32-trainworld | 2014-10-04 21:55 | 【専用線】OT郡山営業所専用線


<< 【20141018】皆既月食。      イノトランス。 >>