r32の趣味のお部屋

r32tworld.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 13日

西濃鉄道。

d0181924_21273573.jpg

美濃赤坂駅の奥にある、金生山から石灰石を運び出している西濃鉄道。
一日に平日で最大三往復ある貨物専業路線だが、石灰石を載せた赤ホキ列車が江ノ電みたいに軒先や神社の境内を通る面白い路線。

貨物時刻表にも記載されているが、あまり時刻通りには走らない。
何故なら、名古屋方面から美濃赤坂駅までのJR路線を通って来る石灰石列車は他の列車の都合もあるので時刻表通りだが、バトンタッチした美濃赤坂から先の西濃鉄道はこの石灰石列車しか走っていないから、時刻通りでなくても良いからだと思う。そのため、美濃赤坂での機関車交代が出来たら直ぐに列車を出し、石灰石を積む乙女坂駅に向かう。逆に石灰石を積んだら直ぐに美濃赤坂駅に向かうのが、ここの列車運用みたいです。

なので、JR路線を走ってきた列車は時刻通りに美濃赤坂に到着すること(事故などの遅れは別として)と、石灰石を積み込むのに大体2時間掛かることは分かるのでそこから逆算していくと大体時間が読めるかなと思います。



■昼前の11時過ぎに乙女坂駅に向かう列車を金生山の中腹から撮影。
 金生山に博物館があるのですが、その道をもう少し登った先から。
d0181924_2128230.jpg
d0181924_21281680.jpg




■2時間後の13時20頃に石灰石を積んで美濃赤坂に戻る列車を石引神社から撮影。
 境内を横切る貨物列車がなかなかシュールで面白い。
d0181924_21304666.jpg
d0181924_2131064.jpg
d0181924_21311868.jpg

[PR]

by r32-trainworld | 2014-04-13 21:31 | 西濃鉄道


<< 富士の専用線。      四日市の桜。 >>