r32の趣味のお部屋

r32tworld.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 12日

焼島貨物~その2。

金曜日は社外にて健康診断でした。
その為その日は有給を頂きましたので、健診前後に焼島に観察に行ってきました。
焼島を訪問したのは以前の記事で書いた時以来です。
今回は入換等も見てきました。



焼島貨物は貨物駅のお隣にあります、北越紀州製紙で製造される製品を東京の隅田川まで運んでいる『紙列車』です。

列車は平日のみですが、前日金曜日に隅田川駅を発車した返空列車を焼島駅に留置するために土曜日は朝の焼島到着の列車のみ見ることが出来ます(焼島駅に到着した列車は入換せずにそのまま留置。その為、土曜日のみ新潟貨物ターミナルに戻るDE10単機が見れます。時間は地元の方のお話だと、11時台らしいです)。

今回は朝に焼島駅に到着する返空列車と入換、そして健診後に見た焼島駅からの発送列車の様子を書いて見ます。
なお観察した箇所は、下記の地図に記した赤い四角の3箇所です。
d0181924_2143661.jpg



■焼島行きの返空列車
前日に隅田川を発車した列車は新潟貨物ターミナルで一夜を明かして、9:05に焼島にやってきます。
まずは自動車教習所脇の跨線橋から観察です。
正直、天気には泣かされました。。
d0181924_2165322.jpg
d0181924_217262.jpg
d0181924_217994.jpg


------
到着した列車を貨物駅の着発線脇から眺めます。
北越紀州製紙の工場と絡めて。
d0181924_21102587.jpg

列車がワムだった頃はこの工場内に引込み線があり、青いスイッチャーが工場内に列車を引き込んでいました。今では着発線奥にあります、新しく作られたコンテナ荷役ホームで製品を積み込んでおります。

------
このまましばらく列車はストップ。その間に着発線と荷役ホームの間にあります踏切へ移動です。
この踏み切りは場所柄、運送会社のトラックが頻繁に通るので注意が必要でした。
d0181924_21181778.jpg
d0181924_21182975.jpg



■荷役ホームへの発送列車の引き出し&到着列車の引き込みによる入換
9:40頃、貨物駅母屋から運転手さんと操者さんが出てこられて作業再開です。
雨の中お疲れ様です・・・。
d0181924_21185511.jpg


まず到着した列車を今まで停車していた着発線の隣の番線に転線させます。その為、踏み切りの前を行ったり来たり。
d0181924_21211868.jpg
d0181924_21212959.jpg
d0181924_21213861.jpg

何故転線させたかというと、この着発線に入換終了後、DE10を留置させておくからみたいです。

次にDE10単機で荷役ホームに向かいます。
荷役ホームから、前日到着して荷役が終了した午後の出荷列車を引き出す為です。
d0181924_21265583.jpg
d0181924_2127710.jpg
d0181924_21271580.jpg
d0181924_2127243.jpg
d0181924_21273214.jpg


そしていよいよ、朝に到着した列車を荷役ホームに押し込みます。
機関車を新潟貨物ターミナル方面に付けて推進運転で向かいます。
d0181924_2129104.jpg
d0181924_21291555.jpg


荷役ホームに列車を据付後、DE10は単機で着発線に戻り作業終了です。
再び着発線サイドから眺めました。
d0181924_21305363.jpg
d0181924_21305892.jpg


午前中に眺めたのはここまでです。
ちなみに入換作業は約1時間位でした。
なお、この時の操者さんはとても優しい方でした。雨の中のお仕事中にも関わらず本当に有難うございました(感謝です)。。


■隅田川行きの発送列車
その後は健診へ。無事に終了後、14:54焼島発車の発送列車を再び跨線橋から観察です。
d0181924_21343161.jpg



夕方に焼島到着~発送までの列車がもう1回設定されておりますが、今回はここまで。
平日にしか見れない入換が見れて良かった1日でした。
[PR]

by r32-trainworld | 2013-10-12 21:59 | 焼島貨物


<< 関西電力上部専用鉄道の車両を観...      HD300。 >>