r32の趣味のお部屋

r32tworld.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 24日

午後の石巻港駅を観察!(130815)

ご無沙汰しております。

お盆休み中は大学からの友人でありますroute-122氏と共に東北地方臨鉄・貨物線ツアーを行ってきました(route-122氏、この度はありがとうございました!)。

今回のツアーで巡った箇所を踏まえつつ、徐々にそれらのことを纏めていこうと思いますので今後も宜しくです。

再開1回目は今回はじめて行った石巻港駅についてです。




石巻港駅は石巻線の始発着貨物駅です。
日本製紙株式会社石巻工場が隣接しており、同社製品の輸送や同駅で集約された災害廃棄物の発送を行っています。
今回の訪問はお盆真っ只中でしたが、災害廃棄物輸送列車以外は運行しておりました(同列車のスジが単機であった)。

■まず、石巻港駅の配線は下図のようになります(貨物時刻表を参考にさせて頂きました)。今回はこの図を元に当日午後(14時過ぎ~15時過ぎ)の動きを纏めてみました。
d0181924_18545315.jpg

中央のグリーンの線で日本製紙とJR貨物の敷地が分かれており、ココのラインを境界として貨車の受け渡しを行っております。

■14時過ぎ~654レ発車まで
14時過ぎの釜踏み切り付近の様子です。発着線には発車待ちの14:17発654レが待機しております。
d0181924_1847743.jpg


やがて654レが発車後、奥の授受1番線に日本製紙のスイッチャーが待機しているのが確認できました。
DD16のような雰囲気を持つスイッチャーで実に好ましい形態です。
d0181924_18502930.jpg

写真には写っておりませんが、授受2番線に16:15発656レとなるコキ車が留置されていました。

■654レ発車後~15時過ぎまで
654レ発車後、場所を石巻港駅付近に移しました。付近の産業道路から眺めることが出来ます。
d0181924_1858428.jpg

d0181924_1914587.jpg

14:42頃に657レ到着。発着線を通り過ぎ、貨物駅に向かいます。工場バックで通過する貨物列車はかなり良い雰囲気ですね。


d0181924_1923054.jpg
d0181924_1923870.jpg

貨物駅からそのまま推進運転で授受1番線にコキ車を持っていきます。境界線で切り離し、列車後方にいるスイッチャーに連結されます。


d0181924_1951755.jpg
d0181924_1952736.jpg
d0181924_1953575.jpg
d0181924_1955016.jpg
d0181924_1955890.jpg

授受1番線でコキ車を切り離したDE10は授受2番線に転線。待機していたコキ車を連結して貨物駅に持って行きます(16:15発の656レとなる)。

d0181924_1964664.jpg
d0181924_1965247.jpg
d0181924_196591.jpg
d0181924_197954.jpg
d0181924_1971590.jpg
d0181924_1972133.jpg

その後15:00過ぎに授受1番線でコキ車と連結したスイッチャーが動車庫ピット線へ推進運転で向かいました。


貨物線と専用線の境界線での受け渡しの様子を気軽に観察できる興味深いポイントでした。
[PR]

by r32-trainworld | 2013-08-24 19:12 | 石巻貨物


<< 825。      速星貨物(130608)。 >>